スポンサーリンク

Google Pixel 6シリーズはドコモ5Gで制限あり、4.5GHz帯(n79)非対応の影響を解説

5G

日本時間10月20日午前2時に正式発表となったGoogle Pixel 6シリーズ。

キャリア販売は6がauとソフトバンクに、6 Proはソフトバンク独占で、NTTドコモはどちらも取り扱いなしとなりました。

Goggleは後のアップデートでドコモにも正式対応すると発表していますが、5G対応のPixelではソフトウェアの対応ではカバーできないと思われるn79非対応という問題があります。

今回はn79非対応でどの程度ドコモの5Gエリアに支障が出るのかについて、簡単に説明します。

東名阪の広いエリアは4.5GHz帯(n79)が多い

ドコモの5G周波数は「1つの基地局で幅広くカバーする数百Wの高出力局」と「スポット的にカバーする数十W以下の低出力局」の大きく二つに分けられます。

赤いピンのエリアが低出力局の一つ
半径キロ単位でカバーしている高出力局

基本的に都心では駅・繁華街やイベント会場などを敢えて1つの基地局あたり狭く(低出力で)カバーして収容できる人数を増やし、ベッドタウンや郊外といった住宅街などでは1つ基地局で効率的に広くカバーする高出力局が用いられます。

しかしながら3.7GHz帯(n78)は既存で利用されている衛星通信との干渉を避ける必要があり、特定の場所で規定の電波強度以下としなければなりません

そのため特に干渉相手が多い東名阪地域では、高出力局でカバーする際は(航空機の電波高度計との干渉は考慮する必要がありますが)衛星干渉の厳しい規定がない4.5GHz帯を用いることが多いです。

つまり、n79非対応機種はこのような東名阪の面的にカバーされている5Gエリアではほとんど5G通信ができず、大半が4Gに落ちてしまうということになります。

実際に筆者が近畿で確認した限りでは、大阪平野内の地域は面的にカバーされている高出力局のほとんどがn79のエリアでした。

山を越えた先の和歌山県や滋賀県北部などに行かなければ、n78の高出力局はなかなか見つけられません。

画像:NTTドコモ 46ページ(2018年4月27日)

なお過去にNTTドコモが総務省に提出した資料では、5G向け3.7GHz帯との干渉相手が図示されています。

この干渉相手が存在する付近の地域(特に平野部)では、4.5GHz帯でなければ高出力局の運用は厳しいと考えられます。

とはいえ干渉相手から遠い地方都市などでは、高出力局でも可能な限り3.7GHz帯(n78)を用いているようです。

4G以下のエリアには支障はない

5Gではエリアに支障をきたしますが、一方で4G以下は全く支障なく使えます

近年ドコモのスマートフォンで非対応になりがちな3Gまでも800MHz帯(B6/B19)に対応し、4G契約のドコモユーザー・格安SIMのユーザーは何も考えずに乗り換えて良いでしょう。

ただしahamoを含む5G契約のドコモユーザーは、5Gによる高速通信の恩恵を受けられるエリアが狭くなります

Pixel 6シリーズ問わずですが、n79非対応機種の購入を検討している場合、これを念頭に置いたほうが良いかもしれません。


画像:Google

参考文献

株式会社NTTドコモ「3.7GHz帯, 4.5GHz帯, 28GHz帯における5G導入に係る周波数共用検討」2018年4月27日(総務省への提出資料)

通信・エリア|NTTドコモ

総務省 電波利用ホームページ – ドコモ3.7GHz帯(都道府県・市区町村等で絞ってください)

総務省 電波利用ホームページ – ドコモ4.5GHz帯(都道府県・市区町村等で絞ってください)

※4.5GHz帯のような包括免許は最大の出力で表記されているため、この中に低出力局も含まれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました