スポンサーリンク

Galaxy A52 5G 実機レビュー・6万円でパフォーマンス以外全部入り

Android

2020年では大ヒットとなったミドルクラスのGalaxy A51シリーズ。そんな人気モデルの後継にあたるGalaxy A52 5Gですが、こちらを入手してから二週間ほどたちましたので、実際に使ってみたレビューを書いていこうと思います。

なおGalaxyでは基本的に共通のため、One UIについてのレビューはいたしません。

4G・5Gや通話などのモバイルデータ利用可否についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

スペック表や付属品などをチェック

まずは本機種のスペック表を見ていきたいと思います。

モデル名SM-A5260
SIMnano+nano Dual(5G+4G)
WiFiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4G/5GHz
Bluetooth5.0
その他NFC/GPS
ディスプレイ6.5インチ FHD+ 有機EL
リフレッシュレート120Hz対応
解像度1080 x 2400
寸法159.9 x 75.1 x 8.4mm
重量189g
端子USB Type-C
スピーカーステレオ
プロセッサSnapdragon 750G (2.2GHz,1.8GHz)
メモリ/ストレージ6GB RAM/128GB ROM
8GB RAM/256GB ROM
Androidバージョン11(One UI 3.1)
バッテリー容量4500mAh
急速充電25W
リアカメラ①超広角 12MP F2.2 123°
②広角 64MP F1.8(OIS)
③被写界深度センサー 5MP F2.4
④マクロ 5MP F2.4
インカメラ32MP F2.2
動画撮影4K 30fps
生体認証指紋(画面内・光学式)/2D顔認証
防水・防塵IP67
備考MicroSD対応(最大1TB)

ソース:Samsung台湾

なお筆者は台湾版が欲しかったため、香港版には存在しない(つまり確実に台湾版である)6GB/128GBモデルを購入しました。カラーはAwsome Purpleです。

ETORENにて総額62,465円で購入しました。

同梱品はクイックスタートガイドと保証書、クリアケース、充電器およびケーブル、SIMピンと本体です。結構付属品が豪華です。国内版はもう少し付属品が減ると思います。

本体下部です。左からスピーカー、USB Type-C端子、マイク穴、イヤホンジャックです。

本体側面です。ディスプレイを上にしたときの左側には何もありませんが、右側には音量上下ボタンと電源ボタンがあります。

本体上部です。左にはSIMトレイ、右側にはマイク穴があります。

本体背面です。側面は金属のようですが背面はプラスチックなので、傷がつきやすいかもしれません。指紋がつきにくくなる加工がされているようで、サラサラとしています。

ディスプレイ側です。ベゼルは若干厚いですが、パンチホールは小さいです。ただし光の反射によってはかなり目立ちます。

人によってはかなり気になるかもしれません。

ベンチマーク計測結果

パフォーマンスの指標となるベンチマークですが、そのうち代表的なGeekbenchとAnTuTuを実機で計測しました。

なおGeekbenchはv5AnTuTuはv9であることにご注意ください。

結果がこちらです。

本機種のSnapdragon 750Gは同765Gと比較してGPUが若干弱い分CPUが若干高性能となっており、CPUだけを計測するGeekbenchでは少しだけスコアが高く、総合的なベンチマーク計測を行うAnTuTuではちょうど同じくらいのスコアとなるようでした。

スコアだけで見れば十分な性能といえます。ただし3Dゲームは少し画質を落とさないと快適にプレイできないでしょう。

Aシリーズでは初採用の120Hzリフレッシュレート

昨年ではミドルクラスに画面の高リフレッシュレートをほとんど採用しなかったサムスンですが、ようやく重い腰を上げて採用するようになりました。

同じタイミングで発表されたA72およびA52 4G版は最大90Hzまでとなっていますが、本機種は120Hzまで対応しています

ただ120Hzリフレッシュレートを採用した点は非常に良かったのですが、若干スペック不足なのかコマ落ちすることが多いように感じます。

やはり120Hz以上はフラグシップでないと厳しいのでしょうか?

ただTwitterはアプリのアップデートを行うとコマ落ち頻度が低くなったので、アプリ側の問題もあるかもしれません。

とはいえ個人的に90Hzも選択できるようにしてほしかったです。これはA52 5Gに限ったことではなく、全てのGalaxyに思っていることですが…。

A52 5Gのリフレッシュレート選択画面

このように、他の120Hz対応Galaxyと同様に「60Hzか120Hzか」の二択になっています。

ミドルクラスでは珍しいステレオスピーカー

今までGalaxy Aシリーズでは本体下部のスピーカーしか音声が流れず、シングルスピーカーとなっていました。

しかし、本機種では画面上部のスピーカーからも音が鳴るデュアルスピーカーに改善され、動画などのコンテンツをより楽しむことが出来るようになりました

音質はさすがにNote20 Ultraと比べると若干音圧が低かったりしますが、十分綺麗な音質だと思います。

夜景は結構綺麗かも

静止画に関しては、夜景も含めてけっこう綺麗に撮影できるようです。

夜景モードではフラグシップに引けをとらないくらい、しっかり白飛びを抑えた写真が撮影できます。

ただし、メインカメラでは何故か夜景モードにすると画角が狭くなるようです。これは少し残念ですね。

メインカメラの通常モード
メインカメラの夜景モード

このように明らかに画角が狭くなっていますが、より白飛びを抑えられた写真がオートで撮影できます。写真自体は綺麗です。

広角カメラの通常モード
広角カメラの夜景モード

静止画においてはミドルクラスの割に非常によく撮れるので、とても好印象です。

動画性能は期待外れ

発表では手振れ補正についてかなりの時間を割いていたので「相当良くなったのかな」と過信してしまっていたのですが、正直今までのAシリーズと比べても何も進歩してませんでした

スーパー手振れ補正モードをオンにしても、従来のAシリーズ同様で動くたびに画面が滲みます。

Note20 Ultra
A52 5G

※動画を再生する場合はデータ通信量にご注意ください。

このように、走ると顕著に差が出ます。A52 5Gは動画全体でNote20 Ultraより大きく滲みが出ており、最後の一歩でかなりブレていることが分かります。

ちなみにA52 5Gはスーパー手振れ補正モードをオフにして動画を撮影すると、従来のAシリーズ同様手ブレが酷すぎて画面酔いします。

ミドルクラスに動画性能を求めるなということでしょうかね。動画撮影をするなら大人しくカメラを買うか、iPhoneにしたほうが良いと思います。

なお先代のGalaxy Aシリーズのレビューはこちらです。

スペックの割に重い…?

本機種はミドルハイのチップ性能ですが、スペックの割にはモッサリしています。アプリの起動や切り替えにワンテンポ時間がかかることもあります。

性能が本機種と近いSnapdragon 765G搭載のOPPO Reno3 5Gでは3ヵ月使っても「重い」と思うことは一度もなかったので、やはり性能の割に動作が重いのだと思われます。というか、One UI自体かなり重いのかもしれません。

ただソフトウェアの最適化が不十分である可能性もあるので、今後のアップデートで改善されることも考えられます。

なお、これはあくまで普段ハイエンドしか使っていない筆者の感想なので、読者の皆さんはそこまで気にならないかもしれません。

ソフトウェアの不具合が致命的

筆者の購入した個体はリセットするとこの不具合はなくなりましたが、同機種の別ユーザーが同様の不具合を報告しているため、念のため書き記しておきます。


初期化するまで、一部アプリを起動すると再起動しない限り二度と120Hzにならないという不具合が起きていました。

高リフレッシュレートは全てのアプリが対応しているわけではなく、中には非対応のため強制的に60Hzに落とされるアプリも存在します。例えばGoogleマップや純正のカメラアプリなどが挙げられます。

これらを起動すると120Hzのリフレッシュレートに設定していたとしても強制的に60Hzになりますが、他の120Hz対応アプリに移ったりホームに戻ったりすると通常は120Hzに戻ります。しかしA52 5Gでは戻らず、再起動しない限り二度と120Hzに戻らなくなってしまう不具合が発生しています

左:カメラ起動前 右:カメラ起動中

開発者モードで「リフレッシュレートを表示」をオンにすると、左上に現在のリフレッシュレートが表示されます

高リフレッシュレート非対応の純正カメラアプリを開くと、リフレッシュレート高(120Hz)に設定していても60Hzとなります。ここまでは問題ありません。

左:カメラ起動後 右:カメラ起動後の設定画面

通常はホームに戻るなど、他の高リフレッシュレート対応アプリを開いた場合は120Hzに戻るのですが、本機種では二度と120Hzに戻らなくなります。なお、リフレッシュレートの設定を「標準」に戻してから「高」に再設定しても120Hzには戻りません


せっかく高リフレッシュレートを売りにしているのにこの不具合はかなり酷いですね。もし起きてしまったら初期化を試すと改善されるかもしれません。

また、初期ロットの不良個体である可能性もあるので、販売が遅かったドコモ版(SC-53B)には起こらないかもしれません。

余談ですが、同じディスプレイを使っていると思われるS20 FEで生じていたタッチパネルの不具合は、筆者が使っている限りでは発生していません。

指紋センサーはあんまり使い勝手が良くない

本機種の画面内指紋センサーはSシリーズやNoteシリーズに搭載されている高額な超音波式ではなく、比較的低コストの光学式となっています。

超音波式とは異なり、一旦ディスプレイで指紋に光を当てるという工程が必要なため、認証速度はかなり劣ります長めにセンサー部分を指で押し当てないとロック解除ができません

中華スマホでは光学式の画面内指紋センサーが最も一般的で、この光を当てる速度を可能な限り早めるという対策が取られており、そこまで認証速度が遅いと感じることはありません。しかし、GalaxyのOne UIではあまりそのような対策は行われておらず、光学式では認証に時間がかかります

また精度もS21シリーズより劣っているため、この点は少し残念です。まあ廉価機種なので仕方ないですが。

ちなみに光学式は直射日光下で認証精度が落ちます。

光学式はセンサー部分が白く光る仕組みになっている

バッテリー持ちや発熱について

バッテリー持ちですが、そこそこ良い体感です。

普段使いではS21 Ultraには及びませんが、ずっと120Hzで使っていても丸1日は十分持ちます

普段5Gをオンにして利用していますが、5Gエリア内に入っても顕著にバッテリー消費量が増大するということはないです。

1週間メイン端末として使ってみましたが、筆者の使い方では1日に50%以上消費することはありませんでした。

このように、SNSやネットブラウジングで5時間弱使っても50%のバッテリー消費、と結構電池持ちが良いです。ちなみにS21 Ultraでは同じ条件で6時間くらい使えます。


なお発熱についてですが、ミドルクラスなのもあってかほぼ発熱しません。春の気温であれば35℃以上になることはまずありません。

異常な発熱も一切ないので、この点においては安定していると言えるでしょう。

まとめ

○良いところ

  • 画面リフレッシュレート120Hz対応
  • ステレオスピーカーでイヤホンジャックあり
  • 十分なバッテリー持ち

×悪いところ

  • 性能の割に重い(ソフトウェアの調整不足か)
  • 貼り付け済みのフィルムは指紋が付きやすい
  • 手ブレ補正はいまひとつ

スペック表を見ればほぼ全部のせですが、実際はソフトウェアの完成度が現時点では低く、若干期待外れでした。

カメラ性能が改善されたのは静止画だけで、動画性能に関しては先代のAシリーズと比べてもほぼ変わっていませんでした。相変わらず肝心の60fps撮影ではブレッブレで見れたものではありません。

あと台湾版は元からフィルムが貼り付けてあるのですが、割と指紋が目立って傷も付きやすいです。ハイエンドGalaxyに貼り付けられているものよりも質が悪いので、気になる方はフラットディスプレイですし好みのフィルムに張り替えたほうが良いと思います。

国内版はちょっと仕様が異なるかもしれませんが、Galaxy Harajukuでフィルム貼り付けサービス(無料)を利用できるため、関東にお住まいの方は試しにそれを受けてみるのも良いかもしれません。

先代のGalaxy A51 5Gは日本でも発売されました。その実質的な後継モデルにあたる本機種A52 5Gも日本で発売される可能性は非常に高いです(ドコモのSC-53BとしてFCCを通過しています)。続報に期待しましょう。

ドコモで6月3日発売となりました。価格は59,400円です。

Galaxy A52 5G SC-53B | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました