スポンサーリンク

種類が多すぎる!オススメはどれ?海外版Galaxyの型番と特徴まとめ

Android

世界的に最も利用されていると言っても過言ではないGalaxyは、同じ名称だとしてもCPUが異なったり、対応バンドが異なったりと販売地域によって大きく仕様が異なる場合があります。

しかし、型番にはある程度の規則性があるため、その法則さえ知っていれば、どのような仕様であるかが大まかに判別できるようになります。この型番とモデルの特徴について解説していこうと思います。

ただ解説するのはGalaxy S21 5G(SM-G991X)の日本によく流通する海外モデルのみなので、例外があったり、その他ZシリーズやミドルクラスのAシリーズなどとは若干異なる部分があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

型番の見方

例ではS21 5Gを提示しますが、他のモデルでもある程度応用できるように、まずは型番の見方を解説します。

韓国版Galaxy S21はSM-G991Nとなりますが、これを分解していくと

こうなります。以下番号順に解説します。

①大まかなシリーズ名

例えばSシリーズだとG、NoteシリーズだとN、AシリーズだとA、ZシリーズだとF…となります。

②そのモデルの性能(位置づけ)

0~9の数字が割り当てられ、大きくなればなるほど高性能モデルとなる傾向があります。よって、ある程度のスペックを判別することができます。例えば上記のようにS21はフラグシップなので、最も高い9の数字が割り当てられています。

③世代

古すぎるとこの法則には当てはまりませんが、ある程度の世代を判別することができます。例えば1世代前の韓国版S20 5GはSM-G981Nです。多分来年でこの法則が崩れます。

④詳細なモデル

同じシリーズや世代でも複数のモデルが存在するので、これを区別するために異なる数字が割り当てられます。大きいモデルほど数字が大きくなる傾向にあるようですので、例えばS21+ 5Gはここに6の値、S21 Ultra 5Gはここに8の値が割り当てられています。今年はほとんど5Gモデルのようですが、4Gモデルが存在すれば、同じモデルでもこれより1少ない番号が割り当てられます。

⑤販売地域

同じモデル・世代でも販売地域によって異なるローカライズがされているので、その地域によって異なる番号やアルファベットが割り当てられます。例えば中国(香港など特別行政区と台湾を含む)は0ヨーロッパはB韓国はNです。


このように、それぞれの数字やアルファベットに全て意味がありますので、判別の材料となります。しかし、同じ型番でも販売国によって対応バンドやCA(キャリアアグリゲーション)、ENDC(E-UTRAN NR デュアルコネクティビティ)などが異なる場合があるので、注意が必要です。必ず販売国を確認しましょう。

※廉価版を除くフラグシップのGalaxyは、基本的に日本で利用できるLTEバンドには違いがない(楽天含む大手4社のバンドほぼフル対応)ので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

余談ですが、実は国内版Galaxyにもこのような型番が存在しており、認証等で度々登場します。例えばドコモ版S20 5GはSM-G981D、au版S20 5GはSM-G981Jです。

韓国版 SM-G991N

話を戻して型番別の特徴を解説します。

韓国版の大きな特徴は

  • シャッター音が鳴る
  • Exynosモデル(S20シリーズおよびNote20シリーズは例外でSnapdragon)
  • シングルSIMでeSIMなし

です。韓国は「カメラ付き携帯電話は65dB以上の音量でシャッター音を鳴らさなければならない」という規制があるので、日本でもシャッター音が鳴ります

Exynosはサムスン独自のチップセットですが、クアルコムのSnapdragonより劣る点が多いと言われがちなので、あまり人気がありません・・・。

日本ではあまり流通しないうえ、韓国版の特筆すべきメリットが値段以外ないため、もの好きでない限り無理して手に入れる必要はないと思います。

在庫があり、なおかつ安い場合は韓国版も選択肢に入れて良いでしょう。

LG U+版S10 5G(G977N)。韓国版にはキャリア版3種とサムスン直販版の計4種類が存在する

グローバル版 SM-G991B/DS

シングルSIMモデルも存在しますが、日本で流通している大半がデュアルSIM版(DS)なので、デュアルSIM版前提で解説します。

グローバル版の特徴は

  • シャッター音が鳴らない
  • Exynosモデル
  • 物理デュアルSIMにeSIMつき
  • リージョンロックがかかっている場合がある(後述)

です。なお、BではなくF型番も存在しますが、基本的にハードウェアは同仕様です。

このモデルはあまり人気のないExynosモデルですが、SIMが2枚挿せる上にeSIMも利用できる(排他利用)ので、この点でよく重宝されるモデルになっています。

主に日本で流通するものは欧州版ですが、これには欧州以外でモバイルデータ通信が利用できないリージョンロックというものが工場出荷時にはかかっています。これを解除するには、ヨーロッパで現地のSIMを挿して5分以上の通話をしなければなりません。

有名なECサイトや販売業者では事前に現地で開封して通話を行い、リージョンロックを解除してくれるので、これが気になる場合は販売元にしっかり確認しましょう。

画像はベトナム版S20+(G985F)。

香港版 SM-G9910

この型番は香港以外の特別行政区や台湾・中国本土でも共通のため、CAおよびENDC以外は同じだと思われます(中国版はおそらくGMS未搭載です)。

ただし日本で流通しているものは大半が香港版のため、香港版という前提で解説します。

香港版の特徴は

  • シャッター音が鳴らない
  • Snapdragonモデル
  • 物理デュアルSIM

です。数少ないSnapdragonモデルが販売される地域、かつ販売業者の流通拠点である場合が多いため、最も日本で流通する海外版の一つになっています。

シャッター音が消せる上SIMカードも2枚挿せるため、特に他モデルに拘りがなければ、このモデルを選べば良いでしょう。

画像は香港版Note10(N9700)。

アメリカ版 SM-G991U(SM-G991U1)

アメリカ版の特徴は

  • シャッター音が鳴らない
  • Snapdragonモデル
  • シングルSIM
  • SIMロックがかかっている場合がある

です。

2021年3月現在、世界で唯一ミリ波に対応したGalaxy S21となりますが、日本ではバンドが合わないため利用できません。

以前はアメリカ版でもリージョンロックがかかっていましたが、最近の機種にはかかっていないようです。

しかし、キャリアモデルにはSIMロックがかかっている場合があるので、購入する際は販売元にしっかり確認する必要があります

アメリカ版は数少ないSnapdragonモデルとなりますが、日本においては入手難易度が若干高いため、Snapdragonモデルを求めるのであれば香港版のほうが無難でしょう。

まとめ

今回挙げたモデルを表に整理します。なお、ここ2~3年の新しいSシリーズ(FE除く)・Noteシリーズであれば、基本的に種類問わずこの表に当てはまります。

SIMeSIM※1シャッター音SIMロックリージョンロックCPU(SoC)
韓国版(N)シングル×消音不可××Exynos
※3※4
香港版(0)デュアル
※5
×消音可××Snapdragon
欧州版
(B/DS)
デュアル消音可×Exynos
※4
米州版
(U・U1)
シングル×消音可
※2
×Snapdragon
国内版シングル×消音不可Snapdragon

※1 デュアルはSIM2と排他利用、シングルは物理SIMと排他利用

※2 SIMロックはキャリアモデルの一部

※3 S20シリーズおよびNote20シリーズではSnapdragon

※4 初代Galaxy Fold除くGalaxy Zシリーズは販売国問わず全てSnapdragon搭載

※5 初代Galaxy Fold含むGalaxy ZシリーズはシングルSIM(一部モデルのB型番はeSIMと併せてデュアルスタンバイが可)


いかがでしょうか。前述の通り筆者のオススメは香港版ですが、目的に応じた最適なモデルはそれぞれ異なるので、Galaxyを購入するにあたって参考になれば幸いです。

コメント

  1. なは より:

    最近アメリカ版のS21シリーズが値下げされていましたがこちらの記事を見る限り5Gに対応していないと書いてあるのですが4G通信をすることもできないのでしょうか?
    4Gが繋がれば購入を考えているのですが、、、

    • ブダステ より:

      なは さま
      コメントありがとうございます。
      僕自身が検証したわけではなく僕の知人からの報告になりますが、アメリカ版SIMフリーのS21 Ultra(SM-G998U1)で楽天SIMにてVoLTE通話・4G通信が可能との情報を伺っております。
      ほかモデルと同様の挙動であれば、SoftbankのVoLTEと5G以外は問題なく動作するものと考えられます。
      ただ実際に手にして検証していないため、100%保証できるものではないことはご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました