スポンサーリンク

あなたのスマホ、将来使えなくなるかも? au回線の格安SIMとauスマホの相性を解説

契約

総務省の施策により、携帯料金が全体的に安くなりつつあります。auからUQモバイル、BIGLOBEやmineoなど、格安SIM(MVNO)へ”auからスマホはそのまま“で乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか。

しかし、同じauの回線を使用している格安SIMでも、スマホそのままで必ず使えるというわけではありません。しかも、今使えていたとしても今後使えなくなる可能性があります

そんな複雑な罠について、過去を振り返りながらまとめていき、今のauスマホは乗り換え先で(今後も)使えるのかを詳しく解説していこうと思います。

スポンサーリンク

2014年冬 通話は3GからVoLTEに移行開始

auは3Gの規格が少しマイナーなCDMA2000という方式であり、今後非対応機種が増加することを懸念してか、最も早期から3G非対応(4G以降のみ)の契約を推し進めました。

その契約のために、通話を4Gで行うVoLTE対応SIMの提供を開始したのが2014年12月です。

iPhoneでは6および6 Plus以降でVoLTEに対応しています。

なお、auの3G(CDMA2000)はiPhone7および7 Plusまで対応していました。

画像はKDDIより

2015年春 SIMロックの解除が可能に

各キャリアは他の通信事業者のSIMを挿しても利用できないSIMロックをかけており、かつてはドコモの一部端末を除きほとんど解除できませんでした。

総務省は2015年5月、SIMロック解除の義務化を含むガイドラインの改訂を行いました。これ以降に発売を開始した端末は、auのスマホでも一定の条件を満たせばSIMロックを解除することが可能となりました。

iPhoneでは6sおよび6s Plus以降でSIMロック解除が可能になっています。

auでは一時的に契約者本人でないと店頭(税別3,000円)でもSIMロック解除に応じてくれない時期がありましたが、2021年3月現在では中古端末含め、契約の有無問わず、店頭受付に加えてインターネットで誰でもSIMロック解除(無料)が可能※1※2になっています。

※1 SIMロック解除可能な条件についてはこちらをご覧ください。

※2 SIMロック解除はMy auのログインが必要なので、My auのIDをお持ちでない方は登録(無料)が必要です。

2017年夏 MVNOロックを廃止へ

auではUQモバイル含め、au回線を利用した格安SIM事業者(MVNO)にも3G非対応のVoLTE対応SIMを提供しています。しかし、同じ回線を利用するにもかかわらず、このMVNO向けVoLTE対応SIMだと差し替えるだけでは利用できない場合があります

従来は格安SIMに端末そのままで乗り換える場合、乗り換え先が同じau系の事業者であっても、原則SIMロック解除が必須となっていました

総務省はこの問題を解決すべくMVNOロックを禁止し、2017年8月以降に発売を開始した端末は、SIMロック解除なしでもau系MVNOを利用することができるようになりました

iPhoneでは8および8 Plus、X以降でMVNOロックがかかっていません

2022年春 au 3Gサービスが終了

前述の通り早期から3Gを停波すべく積極的に4Gへ移行していたauですが、日本では最も早い2022年3月末に3Gを停波する予定となりました。

これにより、格安SIM含むau回線を取り扱う通信事業者は、3G対応(黒)SIMの新規契約を停止しています。

停波するにあたって、VoLTE非対応の端末は利用不可となり、機種変更の必要が生じます。

KDDI、沖縄セルラーは2022年3月31日をもって、3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」(以下 本サービス) を終了します。本サービス終了に伴い、本サービス対応機種と4Gや5Gでの高音質通話サービス「VoLTE」に非対応の機種がご利用いただけなくなります。(UQ mobileのVoLTE非対応機種もご利用いただけなくなります。)

重要 3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」終了のご案内 | KDDI株式会社

まとめ

これらをまとめて、auで購入されたiPhoneの利用可否を表に整理します。

iPhone 5s以前iPhone 6iPhone 6s/SE/7iPhone 8以降
au 3G
VoLTE
SIMロック解除
au系MVNO
利用可否
(2022/4~)
△:SIMロック解除が必須

au系MVNOではiPhone 6s/6s Plus以降でのみ新規契約が可能です。それ以前の機種は、今使えていたとしても今後利用できなくなる可能性があります。iPhoneでいえばSIMロック解除済(またはSIMフリー)の6s/6s Plus以降の機種へ、SIMと一緒に変更する必要があります。

なおiPhone 6s/6s Plus、SE(第一世代)、7/7PlusはSIMロックを解除しないと利用できません。これらの既存ユーザーで黒い3G対応SIMを利用している場合、SIMロック解除を行いSIMを変更しないと、利用できなくなる可能性があります

※auとmineoの公式サポートでは「6〜7シリーズのiPhoneであれば黒いSIMのままVoLTEが利用できるためSIMの交換は不要」との回答ですが、新しいSIMへの交換と機種の変更をオススメします。

なお下記はauのAndroid向け対応表になります。機種の型番と発売時期を照らし合わせてみてください。

  1    2    3    4  
au 3G
VoLTE
SIMロック解除
au系MVNO
利用可否
(2022/4~)
※1
△:SIMロック解除が必須
  1. 2015年1月末以前発売のVoLTE非対応端末(型番にLの記載あり)
  2. 2014年12月~2015年4月末発売のVoLTE対応端末(型番にVの記載あり)(SCV31を除く)
  3. 2015年5月~2017年7月末発売のVoLTE対応端末(SCV31を含む)
  4. 2017年8月以降のVoLTE対応端末(5G対応端末を含む)

※1 SIMロック解除が出来ない機種のためMVNOでは利用不可(auでは引き続き利用可能)


このように非常に複雑になっていますので、auのネットワークを利用した格安SIMを利用している方・検討中の方は、是非本記事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました