スポンサーリンク

Galaxy Z Fold4はより丈夫で安価に?ヒンジ部分の見直しとカメラ性能の向上で大幅改善か

Galaxy

順当であれば2022年夏ごろに発表される、サムスンの折りたたみフラグシップであるGalaxy Zシリーズ。

その横折りモデルであるZ Fold4(仮称)についての新たな噂が浮上しています。

ヒンジの機構を簡素化

著名リーカーであるAnthony氏(@TheGalox_)によると、Galaxy Z Fold4ではヒンジ部分の構造に見直しが入り、大幅な改善が見込まれるとのことです。

出典:Twitter

現在Z Fold3では折り目の部分にヒンジが2つ使用されています。この構造は過去モデルよりも改善されているとはいえ複雑で、組み立てや修理に手間とコストがかかります。また部品数も多くなり、それだけ故障するリスクが高いと言えます。

この噂が事実であれば、部品が減少することによる軽量化・薄型化、構造の簡素化による耐久性の向上と低コスト化が実現できます。これによって以前よりも安価であるにもかかわらず、更に頑丈になることが期待できるでしょう。

望遠カメラも改善か

またSamMobileによると、Galaxy Z Fold4ではS22シリーズと同等レベルのカメラ性能になる可能性があると指摘しています。

従来よりGalaxy Zシリーズはカメラ性能が値段の割にイマイチで、フラグシップとは言い難いハードウェアでした。さらにZ Fold3はZ Fold2とカメラスペックがほぼ同じであり、ソフトウェアの処理能力が向上した程度に留まっています。メインカメラはソフトウェア処理によってそれなりに撮れるものの、望遠性能がミドルクラスと同等であり、決して良いとは言えません。

しかしZ Fold4では、S22シリーズと同等の3倍望遠カメラが搭載されるのではないかと言われており、ズーム性能の向上に期待したいところです。

ただし構造上ペリスコープ望遠レンズを搭載するスペースの余裕はないため、S22 Ultraのような望遠性能は期待しないほうがよさそうです。


画像:Anthony

参考

Galaxy Z Fold 4 to fix a huge problem with Samsung’s costly foldables! – SamMobile

コメント

タイトルとURLをコピーしました