スポンサーリンク

サムスン、バルト三国で折りたたみスマートフォンの名称から”Z”を排除。ウクライナ情勢を受けて

Galaxy

サムスンはフラグシップのラインナップとして、ファブレットのGalaxy SシリーズおよびフォルダブルのZシリーズを展開しています。

しかし後者は昨今のウクライナ情勢を受けて、一部地域で名称を変更したようです。SamMobileが報じています。

Zの名が付く折りたたみシリーズは名称を変更

バルト海とロシアに挟まれたエストニア・ラトビア・リトアニアのいわゆるバルト三国で、Galaxy Z Fold3 5GおよびGalaxy Z Flip3 5Gが、それぞれGalaxy Fold3 5GおよびGalaxy Flip3 5Gに名称が変更されました

Samsung Eesti
Samsung UK

ウクライナ情勢を受けて「Z」が排除された形です。

ロシア軍の戦闘車両に刻まれていた「Z」というアルファベットは、現在“ロシア軍のウクライナ侵攻を支持するシンボル”となっています。そのためヨーロッパをはじめとした、ウクライナを支持する西側諸国では「Z」という文字の使用を自粛する動きが相次いでいます

サムスンもこの流れに乗り、まずはバルト三国でGalaxy Zシリーズの「Z」を排除した様子です。

本サイトは歴史を専門としていないので詳しくは解説しませんが、このバルト三国はかつてロシア帝国・ソビエト連邦にそれぞれ支配されていた時期がありました。彼らは二度の独立を果たしているものの、再びロシアに侵略されることへの危機感を強めています。またウクライナへの支援も積極的に行っています。

こういった歴史的・政治的背景もあり、バルト三国で真っ先に「Z」を排除する運びになったと考えられます。

なお執筆現在ウクライナではGalaxy Z Fold3 5GおよびGalaxy Z Flip3 5Gのままで表記されており、特に名称の変更はされていません。

他国に波及する可能性も

この「Z」排除の動きは、他国にも波及する可能性があります。特にヨーロッパでは可能性が高いですが、ウクライナを支持している日本も例外ではありません。

とはいえサムスンによる初代の折りたたみスマートフォン、Galaxy FoldにはZの名称がついていません。ある意味原点に回帰したという捉え方もできるでしょう。


画像・参考

Samsung Eesti

Samsung Latvija

Samsung Lietuva

Samsung Україна

via SamMobile

コメント

タイトルとURLをコピーしました