スポンサーリンク

Galaxy S22シリーズは値上がり傾向の予想、半導体不足も影響か

Galaxy

2022年、サムスンの主力フラグシップとなるGalaxy S22シリーズ。

既に数々のリークが流出していますが、価格などのリーク情報は今のところ出ておらず、有識者各位がスペックや価格を予想しているので、これら一部をピックアップしてご紹介します。

※為替レートは執筆時点のものです。

※本記事で紹介する予想価格は全て米国向けモデルを想定しています。

更なる値上げを検討中?

The Galox名義でリーク情報を発信しているAnthony氏のTwitter投稿によると、次期S22シリーズは、S21シリーズと比べて50~100ドル高い価格から発売されるとのこと。

まとめると、氏の予想価格は以下の通りです。

  • S21 : 849~899ドル(約96,500~102,200円)
  • S21 Plus : 1,049~1,099ドル(約119,200~124,900円)
  • S21 Ultra : 1,249~1,299ドル(約141,900~147,600円)

全体的に値上がりするものの、PlusおよびUltraで最低ストレージ容量が128GBから256GBに増加するとのことです。

ツイートに記載の価格はS21シリーズの価格と合致するため、これに50~100ドル上乗せした価格がS22シリーズの予想価格であると考えられます。

また、リーク情報を主に取り扱うLetsGoDigitalでは以下の価格であると予想しています。

  • S22(8/128GBモデル) : 900ドル(約102,300円)
  • S22 Plus(12/128GBモデル) : 1,100ドル(約125,000円)
  • S22 Ultra(12/128GBモデル) : 1,300ドル(約147,700円)

概ねAnthony氏と同等ですが、全モデルで100ドルの値上げという予想のようです。

S22 Plusが12GBメモリとなっているのは、LetsGoDigital側の誤表記である可能性があります。


なお、S21シリーズの発売価格(米国モデル)は以下でした。

  • S21 : 799.99ドル(8/128GBモデル)
  • S21 Plus : 999.99ドル(8/128GBモデル)
  • S21 Ultra : 1,199.99ドル(12/128GBモデル)

S21シリーズでは値下がりも 売上は見込めず

S21シリーズは先代のS20シリーズと比べて機能や性能を削ぎ落し低価格化を図りましたが、売れ行きは例年と比べても芳しくなかったようです。

顧客がSシリーズに求めていたのは低価格化ではなかったのかもしれません。

このような反省点を活かし、敢えてコストをかけて値上げするという可能性は十分考えられるでしょう。

また半導体不足によりシステム・オン・チップ(SoC)の単価が上昇し、値上げせざるを得ないという側面もありそうです。


画像・参考

Twitter – Anthony @ TheGalox

Samsung Galaxy S22 prijs, release datum en kleuren | LetsGoDigital

Samsung US | Mobile | TV | Home Electronics | Home Appliances | Samsung US

コメント

タイトルとURLをコピーしました