スポンサーリンク

米国キャリア、3.7GHz帯の5G展開を延期。航空無線との干渉懸念で

5G

2021年、アメリカでは移動体通信事業者(MNO)向けに「Cバンド」と呼ばれる3.7GHz帯の割当が行われました。

「面的展開と高速通信を両立できる5G向け中周波数」を所有していなかった同国のMNOであるAT&TとVerizonなどは、現在この周波数の整備を満を持して推し進めている最中です。

しかしこの周波数の展開に、連邦航空局(FAA)が待ったをかけたようです。

新しい5G周波数の展開は2022年1月まで延期

AT&TとVerizonは、新たに割り当てられたCバンド(3700~3980MHz)の展開を一時停止することに合意しました

この5G周波数の展開は2022年1月5日まで延期し、FAAと協力して干渉への懸念に対処する予定としています。

CNETによると「”悪天候時に航空機の着陸を支援する自動操縦システム”に悪影響を及ぼす可能性があるとFAAが主張している(意訳)」とのことですが、具体的にどの周波数を指しているのかは不明です。

航空関連で用いられているCバンド付近の電波は、電波高度計(4200~4400MHz)やマイクロ波着陸システム(MLS)(5GHz強)などがあります。


なお日本では空港周辺などへの基地局設置制限を行い、100MHz幅の周波数離調(ガードバンド)を設けつつ基地局側にフィルタを挿入することで、3.7GHz帯・4.5GHz帯の5Gと電波高度計との共用を実現しています。

出典:総務省

MLSについては、帯域自体は確保(保留)されているものの、国内で実際に運用されているかどうかは不明です。

なお航空機の着陸支援には、300MHz帯以下の低い周波数を利用する計器着陸システム(ILS)が主に運用されています。

アメリカの5Gは課題が多い?

アメリカはその他先進国と比較してCバンドのような「高速通信が可能な中周波数帯」を所持しているMNOがT-Mobileといった一部に留まっており、エリアが都心のみと非常に限られる「ミリ波」でしか5Gの高速通信を謳うことが出来ませんでした

AT&TやVerizonなどはCバンドの電波オークションに数百億ドルの莫大な投資を行い、悲願となる「中周波数帯の確保」を達成したところです。

そのため、各社は何とかしてCバンドの運用を目指すでしょう。


あわせて読みたい記事


参考

AT&T and Verizon agree to pause 5G rollout over FAA safety concerns – CNET

NTTドコモ「3.7GHz帯, 4.5GHz帯, 28GHz帯における5G導入に係る周波数共用検討」(総務省提出資料)

総務省 電波利用ホームページ|周波数割当て|我が国の電波の使用状況 (soumu.go.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました