スポンサーリンク

Galaxy S21 FE、発表を目前にしてほぼ全てがリークされる… スペック・発売日・価格・対応バンドを大予想

Galaxy

日本時間1月5日より開催されるCES 2022にて発表されると噂されているGalaxy S21 FE。

以前より噂が多数飛び交っていましたが、サムスン製品としてはいつも通りほぼ全てがリークされたので、本サイトでもまとめます。

ただまとめるだけでは他のサイトで既出のため、筆者の経験に基づいた対応バンドの予想もしていきたいと思います。

主なスペック

モデル型番SM-G990
サイズ155.7 x 74.5 x 7.9 mm
重量177g
ディスプレイ1080 x 2340 FHD+
120Hzリフレッシュレート
画面サイズ6.4インチ
SoCSnapdragon 888(SM-G990E以外)
Exynos 2100(SM-G990E)
バッテリー4500mAh(標準)
急速充電25W(有線),15W(無線)
背面カメラ①広角:12MP f/1.8
②超広角:12MP f/2.2
③3倍望遠:8MP f/2.4
内側カメラ32MP f/2.2
メモリ6GBまたは8GB
ストレージ128GBまたは256GB
防水・防塵IP68等級
通信Wi-Fi 6, Bluetooth 5.0

基本的にはS20 FEより据え置きとなるようですが、イヤホンジャックは廃止に、外部ストレージも非対応となる模様です。

そのほか特筆すべき点として、販売地域によってシステム・オン・チップ(SoC)が異なる点、ディスプレイ解像度が若干異なる点が挙げられます。

ただし韓国版SM-G990Nは情報が少ないため、Exynos 2100搭載となる可能性があります(そもそも発売されない可能性もあります)。

SM-G990Eはインド・東南アジアといったアジア向けとなる見込みで、これらの国はExynos搭載モデルとなりそうです。

ディスプレイに関してはアスペクト比が20:9から19.5:9となることから、新しい世代のものが搭載されると考えられます。

これに伴い、ピーク輝度やコントラスト比などといったディスプレイの基本性能が向上し、S20 FEよりも屋外や直射日光下で視認性が向上するかもしれません。

カラーリングはGalaxy Buds2と同様に、グラファイト、オリーブ、ラベンダー、ホワイトの4色となるようです。

なおメモリ・ストレージ・カラーリングは国によって構成が異なる見込みです。

価格・発売日

SamMobileによると、英国を除く欧州では749ユーロ(約95,700円)からの価格となるようです。なお、欧州ではVAT(付加価値税)込の価格表記となるため、日本から購入する際はもう少し安くなると思われます。

ちなみに米国モデルはリーカーRoland Quandt氏によると、699ドル(約79,400円)からとなるようです。

リーカーであるJon Prosser氏によると、現地時間1月11日が発売日となりそうです。

ただし半導体不足のため、国によって発売日がこの日以降にずれ込む場合もあるとの事です。

対応バンドの予想

コスパハイエンドという位置づけのモデルであるため、S20 FEでは他のS20シリーズと比較して対応バンドがかなり少なく、モバイルデータ通信の性能も抑えられていました。

そのためGalaxy A52 5Gといった、ミドルクラスとほぼ同じ対応バンドとなる可能性が高いです。

以下筆者の対応バンド予想です(2G GSMは基本共通のため省略)。

※2022/01/08追記

対応バンドが公式に判明した場合は、出典を明記した上で正しい情報に更新しています。

太字は日本で使用されている周波数です。

モデル名SM-G990N(韓国版)
3G UMTSB1(2100), B2(1900), B4(AWS), B5(850), B8(900)
4G FDD LTEB1(2100), B2(1900), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900), B12(700), B17(700), B20(800), B26(850), B28(700), B66(AWS-3)
4G TDD LTEB38(2600), B40(2300), B41(2500)
5G FDD Sub6非対応
5G TDD Sub6n78(3500)
※予想
モデル名SM-G990B(欧州版)
3G UMTSB1(2100), B2(1900), B4(AWS), B5(850), B8(900)
4G FDD LTEB1(2100), B2(1900), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900), B12(700), B17(700), B20(800), B26(850), B28(700), B32(1500), B66(AWS-3)
4G TDD LTEB38(2600), B40(2300), B41(2500)
5G FDD Sub6n1(2100), n3(1800), n5(850), n7(2600), n8(900), n20(800), n28(700), n66(AWS-3)
5G TDD Sub6n38(2600), n40(2300), n41(2500), n78(3500)
※予想
モデル名SM-G990E(アジア太平洋版)
3G UMTSB1(2100), B2(1900), B4(AWS), B5(850), B8(900)
4G FDD LTEB1(2100), B2(1900), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900), B12(700), B17(700), B20(800), B26(850), B28(700), B32(1500), B66(AWS-3)
4G TDD LTEB38(2600), B40(2300), B41(2500)
5G FDD Sub6n1(2100), n3(1800), n5(850), n7(2600), n8(900), n20(800), n28(700), n66(AWS-3)
5G TDD Sub6n38(2600), n40(2300), n41(2500), n78(3500)
出典:Samsung Singapore
モデル名SM-G9900(中国本土・香港・台湾版)
3G UMTSB1(2100), B2(1900), B5(850), B8(900)
4G FDD LTEB1(2100), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900),B12(700), B20(800), B28(700)
4G TDD LTEB34(2010), B38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500)
5G FDD Sub6台湾版:n1(2100), n3(1800), n5(850), n8(900), n28(700)
香港版:n1(2100), n5(850)
5G TDD Sub6n41(2500), n78(3500), n79(4500)
出典:Samsung 台灣,香港

少なくとも中国本土・香港・台湾モデルでは、auやドコモの主要プラチナバンドであるB26には非対応となります。つまりソフトバンク回線を利用する場合を除き、利用できるエリアが制限されます。楽天モバイルではauのローミング回線が利用できません。

米州で採用されているバンドは日本と異なる場合が多いため、米国版SM-G990Uは省略しています。


対応バンドは公式の製品発表から遅れて発表されることが多いので、本サイトでは明らかになり次第更新する予定です。


画像:LetsGoDigital

参考

Everything about the Galaxy S21 FE has just leaked – SamMobile

コメント

タイトルとURLをコピーしました