バンド削り撤廃、eSIMに対応。国内版Galaxy Z Flip4 / Fold4の対応バンドまとめ

au

9月8日、Galaxyの国内発表会が行われました。Galaxy Z Flip4およびFold4も発売が確定し、本日から予約が開始されます。

早くもそれぞれの対応バンドが判明したので、本サイトでもまとめます。

スポンサーリンク

Galaxy Z Flip4の対応バンド

Z Flip4は楽天モバイルから引用します。少なくとも日本で利用できる4G・3Gの周波数は共通の対応バンドであると考えられます。

※太字は日本のMNO・MVNOで利用できるバンド

モデル名SM-F721C
3G UMTSB1(2100), B5(850)
4G FDD LTEB1(2100), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900), B12(700), B13(700), B18(800), B19(800), B20(800), B21(1500), B26(850), B28(700)
4G TDD LTEB38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500), B42(3400)
5G FDD Sub6N3(1800), N28(700)
5G TDD Sub6N41(2500), N77(3700), N78(3500), N79(4500)
5G TDD mmWaveN257(28000)
出典:楽天モバイル

Z Flip3はミリ波に非対応でしたが、今回のZ Flip4は対応となりました。またauやNTTドコモに加え、楽天モバイルでも発売されます。

5G周波数はau・楽天モバイルで共通ですが、NTTドコモではn28の記載がありませんでした。ドコモ版のみn28に対応していない可能性があります

本体価格はauが159,870円、楽天モバイルが139,800円、NTTドコモは159,500円です。

Galaxy Z Fold4の対応バンド

auでは全ての対応バンドが確認できないので、FoldはNTTドコモのサイトから引用します。

※太字は日本のMNO・MVNOで利用できるバンド

モデル名SC-55C
3G UMTSB1(2100), B5(850)
4G FDD LTEB1(2100), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900), B12(700), B13(700), B18(800), B19(800), B20(800), B21(1500), B26(850), B28(700)
4G TDD LTEB38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500), B42(3400)
5G FDD Sub6N3(1800)
5G TDD Sub6N41(2500), N77(3700), N78(3500), N79(4500)
5G TDD mmWaveN257(28000)
出典:NTTドコモ

公式サイトを見る限り、やはりZ Fold4もn28のみドコモ側だけ記載がありませんでした。なおauではN3(1800), N28(700), N41(2500), N77(3700), N78,(3500), N79(4500), n257(28000)対応の記載があります。

本体価格はauが249,960円、NTTドコモが249,700円です。

eSIMと他社バンドに対応、デュアルSIMで利用可能に

楽天モバイル以外の通信事業者は一部のバンドしか表示されていませんが、展開するどの通信事業者の対応周波数一覧を見ても、他社バンドには概ね対応している様子です。

加えて今作からソフトバンクのプラチナバンドであるバンド8にも対応しました

そのため、いわゆる「バンド削り」は概ね撤廃されたと考えて良いでしょう。

ただキャリアアグリゲーションの組み合わせは購入元によって制御されている可能性があり、他社SIMを挿すと通信速度が遅い事象が発生するかもしれません。

VoLTEは海外版と共通の仕様なので、国内版はどこで購入しても、どの通信事業者の回線を利用しても、利用できるエリアに支障はなさそうです。

さらにeSIMにも対応しデュアルSIMでの利用も可能になったので、今まで問題視されていた「国内版特有のデメリット」がほぼ解消しました。

とりあえず迷ったら国内版を購入しましょう。


画像:Galaxy(日本)

参考

au

NTTドコモ 1, 2

楽天モバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました