スポンサーリンク

国内版Galaxy S22シリーズが米国のFCC認証を通過、対応バンドと展開モデルまとめ

Galaxy

2月にグローバル発表されたGalaxy S22シリーズ。

日本向けのモデルはグローバルより数か月遅れての展開になる見込みですが、間もなくの公式発表なのか、各種認証にて動きが見られるようになりつつあります。

先日、米国のFCC認証でS22シリーズとみられるモデルが通過したため、簡単にまとめます。

※2022年4月7日追記

日本で公式発表されました。対応バンドがほぼ確定したので、加筆修正しています。

FCC認証では共通ハードウェアとして通過

従来通りの法則では、au版とドコモ版は「同一のハードウェア」として本認証を通過します。以下FCC記載の対応バンドです。

※太字は日本の通信事業者で執筆現在運用されているバンド

モデル名SCG13/SC-51C(S22), SCG14/SC-52C(S22 Ultra)
3G UMTSB1(2100), B5(850)
4G FDD LTEB1(2100), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600),B12(700), B13(700), B18(800), B19(800), B20(800), B21(1500), B28(700)
4G TDD LTEB38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500), B42(3400)
5G FDD Sub6N1(2100), N3(1800), N28(700)
5G TDD Sub6N41(2500), N77(3700), N78(3500), N79(4500)
5G TDD
mmWave
n257(28000)

FCCによると、基本モデルであるS22でもミリ波対応となる模様です。

ただしミリ波対応にはコストがかかるため、販売価格が上昇する恐れがあります。情勢も鑑みて、S21シリーズと比較して安価になるとは考えにくいでしょう。

なお同一のハードウェアとしていますが、例年通りであればauとドコモでそれぞれソフトウェアにより対応バンドを絞ります。

よってFCCに通過したバンドが全て利用できるとは限りません。

au版の対応バンド

それぞれの発売開始時点での対応バンドです。

モデル名SCG13(S22), SCG14(S22 Ultra)
3G UMTSB1(2100), B5(850)
4G FDD LTEB1(2100), B3(1800), B5(850), B7(2600),B12(700), B13(700), B18(800), B20(800), B28(700)
4G TDD LTEB38(2600), B39(1900), B41(2500), B42(3400)
5G FDD Sub6N3(1800), N28(700)
5G TDD Sub6N41(2500), N77(3700), N78(3500)
5G TDD
mmWave
n257(28000)
出典:au

au版では上記の構成になります。

S21シリーズと同様に5G周波数のキャリアアグリゲーションに対応し、最大通信速度は下り4.2Gbps、上り481Mbpsです。

ドコモ版の対応バンド

モデル名SC-51C(S22), SC-52C(S22 Ultra)
3G UMTSB1(2100), B5(850)
4G FDD LTEB1(2100), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600),B12(700), B13(700), B19(800), B21(1500), B28(700)
4G TDD LTEB38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500), B42(3400)
5G FDD Sub6
5G TDD Sub6N78(3500), N79(4500)
5G TDD
mmWave
n257(28000)
出典:NTTドコモ

700MHz帯5Gに関しては発売時点では対応しないようです。近日中にアップデートで対応という形になるでしょう。

今後2GHz帯で5Gが商用化された際は、N1(2100)もソフトウェアアップデートを通じて有効化される可能性が高いです。

最大通信速度は今後のアップデートで下り4.9Gbps、上り1Gbpsに対応します。

S22+は見送り?

S22とS22 Ultraが認証を通過していますが、S22+は見当たりません。

各通信事業者の型番がいずれも前者2機種で連番になっていることから、国内版のS22+が発売される可能性は低いと考えられます。S22+は中間モデルであり、3モデルの中で最も販売台数が少なくなると予想されます。日本では販売しないという判断は妥当でしょう。


あわせて読みたい記事


画像:Galaxy(日本)

参考

FCC

A3LSMS901JPN,A3LSMS908JPN

コメント

タイトルとURLをコピーしました