スポンサーリンク

Galaxy S22シリーズ、Snapdragon搭載地域は増加か?新たな型番の存在から推測

Galaxy

以前Galaxy S22シリーズのExynos搭載モデルはないという噂が報じられましたが、新たな情報が入った模様です。再びLetsGoDigitalが報じています。

元社員は確信を持っている模様

先日報じられたこの噂は、やはり多くの混乱を招いたようです。情報通のリーカーを含め「真実ではないのでは?」という声が多数飛び交っています。

LetsGoDigitalはこの情報を発信している元サムスン社員のSuper Roader氏に追加の反応を求めたところ、「サムスンがS22シリーズでExynosチップの搭載を見送ったことを確信している。この情報は限られた人物にしか知らされておらず、また当初はExynosモデルを展開する予定だった。そのため様々な資料にその存在が記録されている(意訳)。」との返答があったとの事。

にわかに信じがたい噂ですが、氏としてはかなり自信を持っている情報のようです。

見慣れない型番の存在

Galaxy Sシリーズでは地域によって様々な型番がありますが、執筆時点では末尾のアルファベットまたは数字で、どのシステム・オン・チップ(SoC)を搭載しているのか、という事がある程度判別できます。

日本に流通する主なモデルとしては

  • SM-GXXX0(台湾・特別行政区を含む中国向け0型番)
  • SM-GXXXU/U1(米国向けU型番)
  • SM-GXXXN(韓国向けN型番)
  • SM-GXXXB(その他の地域向けB型番)

と主に4つが挙げられますが、うち上半分はSnapdragonモデル下半分はExynosモデルとなります(※韓国版S20シリーズは例外的にSnapdragonモデル)。

この法則が長らく成り立っていましたが、S22シリーズで崩れる可能性があります。

それは未発表のS21 FEで確認された“E型番”の存在です。

この型番は筆者が知る限りS21 FEで初めて確認する型番ですが、Snapdragon搭載モデルの地域を従来より拡大するため、S22シリーズにもこの型番が利用される可能性があります

Exynos 2200は期待外れかも

またAMDと共同で開発するGPUを搭載するという噂により、大きな期待を抱かれている次期サムスンのSoC・Exynos 2200ですが、期待されているほどのパフォーマンスではないかもしれません。

サムスンや韓国の情勢に詳しいTron氏が「Exynos 2200のGPUは我々の期待に応えておらず、Snapdragon 8 Gen 1と同等か僅かに優れている程度に留まる(意訳)。」とTwitterに投稿しています。

これが事実であれば、Exynos搭載地域を縮小する動きも納得できそうです。


S21 FEと同様に様々な噂が飛び交うS22シリーズですが、筆者的にはExynosモデルの地域が縮小される(Snapdragonモデルの地域が増える)程度に留まると予想しています。

今後も新たな情報が入り次第、更新していきます。


画像:LetsGoDigital

参考

Extra modelvarianten van Galaxy S22 met Snapdragon ontdekt | LetsGoDigital

コメント

タイトルとURLをコピーしました